4日目 ロンドン(シャーロックホームズ博物館その1)

夏の間は休みだったシゴトが明日から始まります。休みではありましたが、諸般の事情により海外はおろか、国内旅行もなし。イギリス行きからは半年近く経っちゃった。なかなか次に行ける目途もつきません…(´;ω;`)

また更新が滞るかもしれないですが、次へのモチベーションとして細々と記録していこうと思います。

 

さて、こんどは本物の221Bに向かいます。

シャーロック・ホームズが執筆された頃はベーカーストリートには221Bという番地はなかったそうで、架空の住所だったらしいですが今は道が伸びた?番地が増えた?とかでこの地にシャーロックホームズ博物館があります。(実際には建物の番地はちょっとずれてるみたい。)

f:id:maryandothe5th:20170907215816j:plain

入口のお巡りさんにチケットを渡して入ります。右側に見えているThe SHERLOCK HOUSEはギフトショップ。チケットはこのギフトショップで購入します。

…で、ですね。このギフトショップのお兄さんとか、お巡りさんとかがですね、すごいんですよ。選んで採用してるんだろうけども。本当に当時のイギリス人!って感じの人たち。英語も正統派Queen's Englishの雰囲気。チケットを買う時に「一般2人でお願いします」と言ったら、娘が子供に見えるせいか「お連れ様(your companionって言ってた)のお歳をお尋ねしてもよろしいですか?」ってね、言葉遣いも丁寧。感動しながら中に入ると…

f:id:maryandothe5th:20170907225702j:plain

階段がギシギシいうんですよ。ここでもちょっと感動しませんか(?)

f:id:maryandothe5th:20170907225844j:plain

f:id:maryandothe5th:20170907230210j:plain

居間とか

f:id:maryandothe5th:20170907230123j:plain ベッドルームも

ハドソンさんの部屋も!

f:id:maryandothe5th:20170907230521j:plain

この近くにはマダム・タッソーの蝋人形館もあります。というわけで、でしょうかね?

リアルな蝋人形も。ホームズとワトソンの後ろの人形が怖いよw

f:id:maryandothe5th:20170907230657j:plain

館内にはメイドさんたち(蝋人形じゃなくて、日本のメイドカフェメイドさんみたいのでもなくて、正統派ヴィクトリア時代メイドさん)もいて、挨拶してくれます。

さらに続く。

 

 

 

4日目 ロンドン(SPEEDY'Sその2)

 

テートブリテンからSPEEDY'Sに向かいます。テートブリテンは感覚的に中心部からちょっと離れてる(実際はそうでもない)せいか、地下鉄の駅からちょっと歩くせいか、建物の前に客待ちと思われるタクシーが結構止まっているので「タクシーで行こうか?」と提案したんですけど…「タクシー怖い」だと。いや、「ピンク色の研究」みたいなことないから!ロンドンのタクシーってたぶん世界一頼りになるはずだから!…とはいっても、Oyster Cardに追加で£20トップアップしたこともあり、チップとか計算するのも面倒かなあと思って再びPimlicoの駅に戻ります。

SPEEDY'SはEuston Square駅から歩いて5分ほど。大きい通りを渡らないといけないんですがなかなか渡れるところが見つからない。ちょっと遠回りになりましたが、ちゃんと横断歩道を渡って今回は迷わず着きました!

f:id:maryandothe5th:20170902120244j:plain

すぐには入らない。道の反対側からもカシャッ

「ここが…!」と感動。完全に聖地巡礼のオタクですな(;´∀`)

結構混んでましたが、お昼はここでと決めていたので並びます。並んで買ってイートインかと思ってたら「中で食べるならどうぞー」と言われてテーブルへ。空いているところ好きなところに座っていいようでした。席数は思ったよりも多く、もしかしたらお客さんが増えたから席も増やしたのかな?って感じでした(・∀・)

 

店内こんな感じ

 

f:id:maryandothe5th:20170904215541j:plain   f:id:maryandothe5th:20170904220252j:plain

ベネさんとマーティンの写真が飾ってある!(上のほう)

なんかね、ここでも何食べるか決まらない。てか食欲がない。

メニューにはBreakfastという項目があります。が、時刻は既に13時を回り…「Breakfastは朝だけ?」と尋ねると、「いつでも大丈夫よ~」(Anytime!)とにっこり。

というわけで、Sherlock's Breakfastです。

f:id:maryandothe5th:20170905092915j:plain

これにトーストが付きます。分量的にもちょうどいい。

お会計はテーブルではなく、レジです。

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

4日目 ロンドン(SPEEDY'S その1 ってかシャーロック4の感想?)

221B外観のロケ地です。ついに来たぜ!

f:id:maryandothe5th:20170817204126j:plain

半袖の人がいる。3月なのに。

皆様シャーロックシーズン4はご覧になったでしょうか(´;ω;`)

ワタクシ、春ごろ(イギリスに行く前だったかな)「そーいえば日本での放映予定はいつかなwktk」ってググったところ、検索結果(結果からそのwebページに飛ぶ前)の最初の3行ぐらいで派手にネタバレかまされて「ばかやろおおおおおおおおおお」な状態だったんですよ。普段はネタバレ平気な人なのに。まあそのショーゲキの結末だけであとはネタバレは読まなかったんですけど。だからEpisode1、前半が結構楽しかっただけに「いつ来るんか!?」と思って視聴するのもキツかったです。

「シャーロックだって生き返ったんだから…(´;ω;`)」って思ってはいたんですけどね…あれじゃあ逃れようがないよね…って思いながら見たEpisode2。オレらのハドソンさんが最高だった。そしてメアリーもジョンとシャーロックの仲直りを見届けて無事成仏できた、と。(Twitterで「死後も推しカップルの行く末を見守るメアリーは腐女子の鑑」というツイートを見かけて首がブンブンいうくらい激しく頷いたのでありましたw)

Episode3はもうほんとに見てるのが辛かったけど「いい最終回だった」ぐらいの終わり方をしたので、もうこの先新シリーズ作らないのかなあ、とちょっとがっくりしてます。シーズン4では1~3までのあらゆる伏線を回収してる、っていう話なので最初から見返してもいいんですけど…でもちょっとしんどいかもね。

4日目 ロンドン(テートブリテン)

ウェストミンスター寺院にはたっぷり1時間半ぐらいはいたでしょうか。次の目的地、テートブリテンに向かうことにします。移動は地下鉄です。通勤時間帯が終わったせいか、駅周辺も地下鉄も朝よりも空いてきました。テートブリテンの最寄駅はPimlicoですが、駅からは10分ぐらい歩きます。(迷いながら、っていうのもあったかも?)

f:id:maryandothe5th:20170815085711j:plain f:id:maryandothe5th:20170815085735j:plain

着いたー! 

ホックニーの企画展をやっているらしく、のぼりが立ってますね。

この日はすごくお天気が良くて、暑いくらいでした。ダウンなんか着てる場合じゃない。気温が16℃もあったらしく、先日のロンドン世界陸上のマラソンの日(8月)の気温が17℃だったから夏並みの気温ってことですね。

ここも館内撮影OKです。今回行った中で撮影不可だったのはウェストミンスター寺院ぐらいだったかなあ。

ホックニー展のほうは行列が出来てました。私たちはお目当てのラファエル前派とターナーコレクションへ。

 f:id:maryandothe5th:20170815114859j:plain

f:id:maryandothe5th:20170815120153j:plain

 

館内。今回、ナショナルギャラリーは行かなかったけど、パリのルーブルなど大きい美術館では模写をしている人をよく見かけます。ここは中心部からちょっと離れているせいなのか、海外からの観光客よりもイギリス在住の人が多いようなイメージ?学校からとおぼしき団体さんもいました。

私もここに初めて来たのはイギリスの中学の美術の授業で、でした。昔はテートギャラリーはブリテンとモダンに分かれてなくて、ターナーやラファエル前派だけじゃなくてイギリス現代アートもこっちにありました。

…「昔は」っていうのが多いですね(;´・ω・)BBAの昔語りウザくてすみません。

 

おまけ

ラファエル前派の絵画がネコになったやつ!

これは去年末っ子がブリストルの美術館で買ってきたものです。

この2枚の元絵はテートブリテンにあるのです。

f:id:maryandothe5th:20170817201515j:plain f:id:maryandothe5th:20170817201547j:plain

 

4日目 ロンドン(ウェストミンスター寺院)

ラッセルスクエアをちょっとブラブラした後、地下鉄でウェストミンスターへ向かいます。通勤時間帯なので結構混んでいます。みんな速足で歩いてる。寝てる人こそいないけど、スマホ見たり新聞読んだり。東京と変わらない通勤風景です。

そういえば、地下鉄の中ではよくスマホの着信音がピロピロ鳴ってました。電話してる人は見かけなかったけど、マナーモードにするっていう習慣とか規制がないのかも。日本みたいに目くじらたてるほうがおかしく思えてきますね(;´・ω・)

ウェストミンスター駅からはすぐそこに見えているので迷いません(;´∀`)ビッグベンも近くに見えます。

f:id:maryandothe5th:20170812123208j:plain

朝9時ごろ。春分前なのですごく朝っぽい(?)

参拝というのか、見学というのか、は朝9時半からです。周りの写真を撮ったりしているうちに入口のところに列が出来始めました。

f:id:maryandothe5th:20170812124102j:plain

入り口側

f:id:maryandothe5th:20170812124130j:plain

普通はこっち側からの写真がよく使われるかな

f:id:maryandothe5th:20170812124241j:plain

売店がある 通勤途中の人が何か買っていくみたい

列の最後尾の人に「ここは見学の列ですか?」と確認して後ろに並びます。しばらくするとスタッフの人がチケットを既に買っている人を別の列に誘導しています。私たちの後ろに並んでいる人から「あれはどうして別の列に誘導されるんでしょうね?」と話しかけられたので、「たぶんあらかじめチケットを買ってある人たちだと思いますよー」「じゃあ次の時には買っておくべきですね( ^ω^ )」なんて会話をしました。ちゃんと一組ずつ確認してくれるんですよね。私たちも「これから買います」と言って購入列のほうに並びました。

f:id:maryandothe5th:20170812130827j:plain

9時半から、というものの打刻は09:26になっているので少し早めに開始したのでしょうね。£20って結構いいお値段だと思いますが、各国語版の音声ガイドは無料だし、何よりそれだけの価値はあり。ガイドの機械の配布場所で「日本語をお願いします」と言うと「オハヨウゴザイマス」と日本語で返してくれました(・∀・)

寺院内は残念ながら撮影禁止。音声ガイダンスを聞きながら各ポイントを見学します。毎時ちょうどはお祈りの時間ということで「立ち止まってお祈りください」というアナウンスが流れます。うっかり動いちゃったよ…orz

戴冠式の椅子、主祭壇、聖歌隊の席などを見て…ウェストミンスター寺院の中に入るのはそういえば40年ぶりぐらいなんだけど、昔は入場料とかなかった気がするし、もっと人も少なかったように思います。

歴代の国王の他にもたくさんの有名人が埋葬されていて、ダーウィンニュートンのお墓もありました。エリザベス1世のお墓はメンテ中?で見ることができませんでした。残念。墓地としてはもう満杯状態なのだとか。

ゴシック様式の建築物としては代表格とのことですが、確かに見事でした。最初は「まあどっちでもいいかなあ」と思っていたのですが、行ってよかったです(・∀・)

www.westminster-abbey.org

 

4日目 ロンドン

最後に更新してから3か月近くたっちゃったよ(´・ω・`)

仕事が忙しかったっていうのもあるんですが、その間数度にわたってイギリスでテロがあってちょっと凹んだとかあとはブログを終わらせてしまうと本当に終わった感じがしちゃって寂しい気がするとかまあ言い訳ですねw シャーロックのシーズン4の日本での放映も終わっちゃったし(´・ω・`)

そんでログインすらしない間に結構このブログも見ていただいているようで、ありがたいことです。夏休みだからイギリス行く人が検索して見に来てくれてるのかな。いいなあ羨ましい。

今日は世界陸上のマラソンを見ながら「あ~ また行きてーな~」なんて思ってます。

さて、翌日は朝10時のフライトなので実質イギリス最終日。娘が行きたいと言ったところを中心に、ざっくりと予定を立てます。

まずホテルで朝ごはん→ウェストミンスター寺院→テートブリテン→Speedy's(アレですよBBCシャーロックのロケ地ですよ…)→シャーロックホームズ博物館→Forbidden Planet(イギリスのアニメイト?)という感じ。移動は地下鉄で。本当にこの日も道に迷って大変でした(;´∀`)

せっかくホテルに近いのに行ってないよね、ということでまずRussel Squareへ。昔、Russel Hotelに泊まったことがあって、来たことはあるんだけれども今回はここがシャーロックシーズン1の一話でジョンが友達と再会したところ、というのでちょっと特別です(・∀・)

 

f:id:maryandothe5th:20170806223536j:plain

テレビにも出てきたカフェらしいです。

f:id:maryandothe5th:20170806223823j:plain

こういうベンチに座って話してたな…

と、ちょっと歩いて写真を撮ってから今日も地下鉄の駅へ。ウェストミンスターへ向かいます。1回ぐらいバスにも乗ればよかったな。

1日は始まったばかり。まだまだ元気でした。(続くw)

 

 

 

3日目 パブで夕ご飯

ビクトリア駅で解散です。地下鉄と反対の入り口から駅の建物に入ると、両側にお店が並ぶ通路を通り抜けて地下鉄方面に向かいます。日本の駅ビルのお店のようなラインアップですね。ドラッグストアのBootsやスマホケースを売っているワゴンなどもありました。夕方の帰宅ラッシュ時なのでそこそこ人も多く、お店も賑わっているようです。このあたり、東京とあまり変わらないかな。コッツウォルズがのんびりしていたので、やはりロンドンは特別なのかなあと思いました。(小並感)

コッツウォルズみやげのショッピングバッグが嵩張ったので、一度ホテルの部屋に戻ります。夕ご飯はホテルの下にあるパブに行くことにしていました。その名も

「The London Pub」

入り口は表の道路に面していますが、ホテルの中庭からも入れます。私たちは中庭から入りました。

f:id:maryandothe5th:20170514120502j:plain

これは道路側の入口。

 

f:id:maryandothe5th:20170514165438j:plain お店の中。f:id:maryandothe5th:20170514165451j:plain メニュー。

 

パブの食事のメニューや利用方法については、コッツウォルズ観光のガイドさんが色々と教えてくれてました。カウンターに行って注文してお金を払う。飲み物はその場で出してくれる。食事は、「どこに座ってる?」って聞かれるから「あっち」って教えておくと出来たら持ってきてくれる。チップは不要、など。

パブというと地元のおじさんが多くて、女ふたりなんかでは入りにくいイメージがあったのですが(昔は)オバサンになって図々しくなったのか、はたまたここのパブが椅子席が多く(パブの写真を見るとおじさんたちが立ち飲みしてる感じだよね)女性や観光客が多かったせいか割と気軽に入ることができました。

飲み物は最初はエール(茶色くてぬるいイギリスのビール)ハーフパイントと、娘はコーラ。食事はソーセージ&チップスと、Steak&AlePieというのを頼みました。

カウンターにいたGleeに出てくるパックを白くしたようなお兄さんに「エールは2種類あるけどどっちがいい?」と聞かれて、「どっちがお薦め?」といって「そうね、オレはこっちが好きかな」と言われたほうにしました。(そして既にその名前も忘れているという(;´Д`)実際はハーフパイントじゃ全然足りなくておかわりしたんですが。1パイントで473mlだもんね。余裕でした。

ソーセージは昔イギリスの中学の給食でよく出ました。当時の味はお察しくださいな感じだったのですが、これは美味しかったです。

 

f:id:maryandothe5th:20170514163210j:plain f:id:maryandothe5th:20170514163251j:plain

 

 手前がソーセージのプレート。奥がSteak&AlePie。チップス(フライドポテト)とグレービーソースと豆がついてる。塩コショウビネガーケチャップマスタードなどは本当は「ここにあるから持っていってね」って言われたんだけどぼーっとしてたらこんなバケツに入れて持ってきてくれました。

Steak&AlePieというのは何かというと、パイの中に牛肉のビール煮込みが入っているものです。焼きたてあつあつを持ってきてくれるので、焼きたては美味しい…っていうか、フィリングは美味しいんです。パイ皮のほうはパサパサしてて全部食べ切れなかったです。イギリスは魚が美味しくて肉はいまいち、なイメージがありましたが柔らかくてほろほろで旨かった。パイ皮要らないから中身だけ食べたかったなw

f:id:maryandothe5th:20170514164329j:plain

2杯目はラガーをおかわりしました。

ごちそうさまでした。