読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3日目 コッツウォルズ(その1 ロンドンを抜けるまで)

なかなか更新できない間に旅行の思い出がどんどん遠くなっていきます(´;ω;`)

買ってきたPGTipsのティーバッグもそろそろなくなります。イギリスで使ったクレジットカードの代金も今日が引き落としです(;´∀`)が、日に日に「また行きたい」気持ちが募るばかり。…お金貯めなきゃ(;´・ω・)

さて、3日目。集合が朝8時なので、朝ごはんは食べずに7時にはホテルを出発します。Victoria駅のカフェで何か食べるか、買ってもいいし…と思ってましたが、結局お昼までは水分しか摂りませんでした。今日は地下鉄からはNational Railの表示に従って歩きます。あっさりと鉄道駅構内への連絡口から出ることが出来て、昨日はいらない苦労をしたなあ…集合場所は構内一番端の、Platform1&2Onlyの改札口の近く。邪魔にならないように端にしてるんでしょうね。電車が着くと人がたくさん降りて来ますが、まあまあゆったりしています。7時半には着きましたが、もう日本人と思しき人たちがちらほら。そして、なにやら札を持った日本人女性がいました。尋ねてみると、「ストーンヘンジのツアーです。コッツウォルズのツアーももう間もなく担当者が来ますのでお待ちくださいね」とのこと。コッツウォルズに連れて行ってくれたガイドさんもそうでしたが、とても感じのいい方でした。

f:id:maryandothe5th:20170427092236j:plain

ビクトリア駅、集合場所近くで列車をバックにパチリ。今度は列車にも乗りたいね。

 間もなくコッツウォルズ担当のガイドさんもやってきました。名前をチェックしてもらい、「バスに乗るとしばらくトイレに行けないから行っておいてくださいね」と言われます。すぐ側にトイレがあるのですが、50Pと書いてあって、小銭がないのでどうしよう…と思っていたらよく見ると近くに両替機があります。が、使えない!?さらによく見ると「無料になりました」と書いてあるではないですか!「ビクトリア駅構内トイレは無料」これ結構重要な情報かもです(;´∀`)無料ですが結構綺麗でしたよ。

 時間になり、点呼をとります。20人弱というところでしょうか(数えてなかった)老若男女家族連れお友達同士一人参加の方などいろいろです。スーツケースを持って参加の人もいました。夜のフライトなのかな?バスの乗り場までは駅から横道を抜けてぞろぞろ歩くのですが、渋滞とかでまだ到着しておらず、5分ほど待ちました。バスが到着して、駐車場所の関係か?なぜか後ろの非常口から乗り込みます。座席は前後の間隔が広く、座席も広い「ゆったりバス」とのこと。フットレストもついて快適です。ビクトリア駅からはケンジントンナイツブリッジ方面を通ってロンドンを抜けていきますが、その間ガイドさんが要所要所での観光スポットの説明や、ここ10年ほどのロンドンの変わりようなどを話してくれてそれだけでも日本語のツアーを申し込んで良かったなあと思ったことでした。

高速道路の名前は忘れてしまったのですが、今確認したらたぶんA40からM40という道路を通ったみたいですね。途中ちょっとだけWi-fiスマホの位置情報をオンにしてGoogleMapでどこを移動しているのか確認したりしたんですが、(どこでもこれやるの割と好き)Wi-fiの上限や充電も気になるのでずっとというわけにもいかず…Wi-fiが無制限に使えるといいのになあ。

ロンドン郊外にあるビール醸造所。(名前忘れちゃった…(´・ω・`)日本のお城を模した建物だそうです。(これじゃない感ありますけどw)

f:id:maryandothe5th:20170427105209j:plain 

f:id:maryandothe5th:20170427110411j:plain

ロンドンを抜けるともうこんな感じです。山がない。そして羊がいるw

コッツウォルズと一口に言っても、広ーい地域の総称。このツアーで訪問するのは4つの村、バーフォード(Burford)、バイブリー(Bibury)、ボートンオンザウォーター(Bourton-on-the-Water)そしてブロードウェイ(Broadway)だそうです。その地域に入るまでにロンドンから2時間ほどかかり、ビクトリアでの解散が18時ごろなので1か所の滞在時間は4~50分ほど。お昼を食べるボートンオンザウォーターだけ、1時間20分ぐらいになるそうです。

オックスフォードを通り抜けてコッツウォルズ方面に向かいます。この次はぜひオックスフォードにも…(次は、というのがどんどん増えていくw)

すみませんまだまだ続きます