読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホテル編(Royal National)

宿泊したホテルは、Russel Square近くのRoyal Nationalです。

安いツアーを検討していた時は、少し追加料金を払っても少しいいホテルに泊まりたいなーと思っていたのですが、旅行会社に教えてもらった後、色々なレビューをチェックしまくったところ、「ここでもいいかも?」と思えてきました。観光スポットへのアクセスがいい、地下鉄の駅に近い、値段にしてはまあまあ、とのこと。

外観は写真撮り忘れたのでオフィシャルホームページから

f:id:maryandothe5th:20170325101758p:plain

中庭があって車はここまで入ってくれる。送迎ドライバーのおじさんが「チェックインはあっちだよ」と教えてくれたのは南館、部屋は北館でした。

f:id:maryandothe5th:20170325101929p:plain

1600室もあってヨーロッパ各国からの修学旅行生が多いらしい。チェックインも団体さんとかちあってしまうと時間がかかるということでしたが幸い到着時には私たちの前に1組しかおらず、すぐに済みました。朝食場所の説明と部屋の場所の地図(!)をもらい、最終日は飛行機が早いから朝早くチェックアウトしたいんだけど大丈夫?と確認して部屋に向かいます。高級ホテルではないのでポーターさんが荷物を持って部屋まで案内してくれるなんてことはありません(;´∀`)が、かえって気がラクです。日本人グループもちらほら見かけます。

f:id:maryandothe5th:20170325103759p:plain

フロント。外観はキタナイ(;^ω^)けど中は明るくて綺麗でした。

部屋です。これは実際に私たちが泊まった部屋。中庭に面しています。

f:id:maryandothe5th:20170325112743j:plain

f:id:maryandothe5th:20170325112757j:plain

部屋はやや狭いです(私たちは中サイズのスーツケースをレンタルしていったので大丈夫でしたが、大サイズのスーツケースだと二つを同時に広げるのはキツいかもしれません。)が、綺麗です。上の写真、鏡の左側についているのがドライヤーです。ドライヤーは備え付けの部屋とそうでない部屋があるみたい。お湯を沸かせるポットとコーヒー・紅茶のセットがついています。粉末のコーヒー用クリームのほかに、紅茶用として液体のSemi-Skimmed Milkというのがついていました。さすが。ミルクティーにはやっぱり牛乳だよねえ。

良かったのは

・照明が明るい

だいたいヨーロッパのホテルは間接照明で部屋が暗いのですが、このホテルは照明が割と明るかったです。入口、↑の写真の鏡のところ、各ベッドの枕元ですがそれぞれが明るくて目が悪いBBAにはすごくラクでした。

・部屋でWi-fiが使える!

これは助かりましたねえ…夜、部屋で調べものをしたりするのに、レンタルWi-fiのほうを使わなくていいというのは良かったです。使い方ですが、設定でWi-fiを開くとRoyal Nationalというのが出てくるので、residentという項目を選び、部屋番号・苗字・メールアドレスを入力するとチェックアウト時まで利用できます。他のホテルでも使えるのかもしれませんが、とにかくこれは良かったです。

・敷地内にパブ・レストラン

旅行で何がめんどくさいかって、「食べる」のがめんどくさいんですよね。美味しいものを食べたいとか、ここにどうしても行ってみたいとか「食」にポイントを置いている場合は別かもしれないけど…添乗員さん付きのおまかせツアーだと、食べるのを心配しなくていいというのが一番の魅力だったりしますが。レストランを探して行って、さらにまたホテルに帰ってくるのが大変、ということで、「ホテル内のレストラン」ということでもなく普通のパブ(とはいえ観光客多し、お気楽)があるのは有り難かったです。ビール飲みたかったし、ちょっとアルコール入ってもすぐ部屋に帰れるしね。

イマイチだったところ

・アメニティなし(石鹸だけ)冷蔵庫なし

まあこの辺りはレビューでわかっていたので、シャンプーリンス、歯ブラシなど持参することで問題はありませんでした。冷蔵庫がないのもわかっていたので、百均で買った保冷バッグも持参しました。これは最後の夜、スーパーで買ったフルーツサラダを保冷しておくのに役に立ちました。あと、バスタオルはありますが朝顔を洗う時に使うようなフェイスタオルはありません。バスタオルもごわごわだったりするので、神経質なひとは持って行ったほうがいいかも。あと、使いかけでいいから箱ティッシュを持っていくと良かったかなーとも思いました。

・バスルームが洪水:(;゙゚'ω゚'):

これもレビューにあったのですが、シャワーが固定式しかもかなり高い位置にあるので、水勢があるのはいいんだけれどバスルームの床がびしょびしょになります。水はけはいいみたいですぐに乾きますが、バスルームに換気扇もないので一人入ったあとは鏡は曇ってるし結構大変。バスタブのレバーは上に押すとシャワー、下に押すとカランに水が出ますが、すぐ上に上がってしまうのでお湯を溜めたい時は手で押さえてないといけませんでした。

あと、テレビのリモコンがききにくい(電池が弱ってたみたいだけど変えてもらうのも面倒なので時々入れ替えたら効くようになった)とか、壁が薄いとかいろいろありましたが一室一泊1万2千円でコンチネンタルブレックファストもつき、更に旅行社特典で航空券と同時予約だったので10%引きだったのでコスパの面では十分だったと思います。

暖房は窓際のパネルヒーターのレバーを水平にすると温水がパネルに回って暖かくなります。冷房施設はないようだったので、夏場は暑かったりすると辛いかもしれません。

朝食なしのプランを選んだつもりだったのですが、チェックイン時にMeal Planでコンチネンタルとなっていました。朝食ありのプランだとEnglish Breakfastになっていたのかもしれませんね。実際には4泊のうち早く出なければならない日が2日あったので、2日しか利用しませんでした。パンと飲み物(コーヒー・紅茶・ジュース類)、シリアルとフルーツぐらいですが、この旅行中はあまり食欲がなかったので十分でした。フルーツはStewed Fruitsということで缶詰のみかんの味がしました(;´∀`)。朝食会場も広くて綺麗でしたし、レビューで見たように並ぶということもありませんでした。(夏場とかの混む時期でなかったせいかもしれません)

今回泊まった部屋は北館で新しい方だったようですし、エレベーターからも近く良かったです。

ホテルの周辺についてはもう少し調べておけばよかったなあと思います。Waitrose(ちょっと高級めのスーパー)があったり、ホテル前のバス停からウェストミンスター方面に行くバスが出てたりしたようなので。次に行く時にこのホテルにするかな?というとちょっと微妙かな?ロケーションがいいのは魅力ですが、もう少しお金を貯めてもうちょっといいホテルにするかもしれません

今回、本当は数年前に実家の母がロンドンに行った時に利用したパークプラザウェストミンスターブリッジロンドン(事件があったウェストミンスターブリッジに近いんですが)を考えていたので、この次はそっちにしようかな…