読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

準備編 (その2 その他いろいろと不安を解消するために)

その他の準備編です。

 

・スーツケースレンタル 

子供たちの海外研修旅行で過去2回レンタルしたことがありますが、今回は往復送料無料というところを探しました。前回利用した業者が、返却時の送料がこちらの負担だったので結果的に高くついたのと、集荷の際に宅配業者にお金を払うのがめんどくさかったので。海外では電気製品のコンセントの差し込み口も違うので、プラグのセットも申し込みました。

www.ilrental.co.jp

 

種類は前に利用したところよりも少ないけれど、旅行出発の3日前に届けてくれるしそれを考えると価格もリーズナブル。が、土日祝は休みなので注意が必要です。

今回、届いたものをチェックしたところ、スーツケースには問題なかったものの、プラグが緩くてコンセントを差し込んでも抜けてしまうので(しかもイギリスで使うものだけ)電話したら翌日すぐに代替品を送ってくれました。たとえばこれが月曜日出発で金曜日にレンタル品が届いた場合、金曜日の夜とか土曜日以降に不具合が見つかっても会社が休みなので出発までに対応してもらえないことになります。届いたらすぐのチェックって大事(´・ω・`)と思わされた出来事でした。

 

海外旅行保険

H.I.Sのサイトのリンクから申し込み。家族プランというのがあったのでそれで。AIUにしました。

 

・レンタルWi-fi

www.globaldata.jp

これもH.I.Sのリンクからだと補償料が半額になるとかでこちらで申し込みました。

 

・その他のオプショナルツアー

ロンドンの市内観光を申し込みたかったのですが、現地で催行されていない曜日だったらしく日本語のツアーは申し込めず。次善の策として、日本語音声ガイドのある乗り降り自由な市内観光バスとロンドンアイの優先搭乗券を英国政府観光庁で購入しました。後述しますが、ロンドンアイはともかくとして、観光バスのほうは大失敗でした。VisitBritainは情報を得るのはいいと思いますが、ツアーの購入はあまりお勧めできません…。

www.visitbritainshop.com

 

・外貨購入

2人分で£400(2017年3月時点のレートで6万円ほど)

思ったよりもずっとカード社会だった&あんまり買い物をしない人たちなのでこんなに要りませんでした。

 

・基本的な観光情報のチェックと留守宅用の資料作成

25年ぶりの人と初めての人なので一応ガイドブック購入。折しも「地球の歩き方」の最新版が出たばかりだったのでそれを買いました。とはいえ私はあまり見なくて、娘に「行きたいところ考えておけ」といって渡す。

そして、ツアーであればお留守宅用の行程表もくれるのだが今回はエア+ホテルだからそんなものはなく、自分でExcelに行程表・各種連絡先・パスポート番号やらお金の引き落とし口座やら果ては何かあった時に連絡してほしいところ(仕事先とか友達とか)まで全部入力して作りましたよ…幸い使わなくて済んだけど(;^ω^)

 

実は今回何よりも不安だったのが「空港で銃乱射とか爆弾とかのテロがあったらどうしよう」もさることながら、「アムステルダムで乗り継ぎ上手くできなかったらどうしよう」が一番だったので(何しろ乗り継ぎ時間が1時間10分しかない)旅行会社や航空会社に「間に合うんですか」「間に合わなかったらどうするんですか」としつこく確認しました。

航空会社は「ヨーロッパ線は40分あれば乗り継ぎできるから!1時間10分あるから余裕だからね♪」だし、旅行会社は「乗り継ぎ遅れたら自力で航空会社と交渉してね。支店はあるけどサポートしてないからね。それと、ヒースローまでのお迎えサービスに間に合わないなら連絡先書いてあるからそこに電話してね。」っていうことだったので…まあもしもの場合の交渉については腹をくくりましたよ。で、オランダからイギリスまでの電話のかけ方も調べたし、自分の携帯が海外でも通話ができるようになっていることも確認しておきました。

 

あとはe-チケットやら各種バウチャー(予約確認書)をすべて印刷。予備も1部印刷して娘にも持たせました。パスポートのコピーと予備の写真を用意し、外務省でやっている「たびレジ」(いざというときに在外公館などから緊急時情報提供を受けられるシステム)にも登録しました。

こうしてみるとすごい心配性ですよねえ。これだけ準備してもまだちょっと心配だったです(;´∀`)